私が「働き方の見直し」のテーマに出会ったのは今から5年前、子育てをテーマにしたまちづくり活動の中でファザーリング・ジャパンという父親の子育て支援を行うNPOを知ったのがきっかけでした。

 

自身のワーク・ライフ・「アン」バランスだった働き方もさることながら、東日本大震災の発生で場所にとらわれない働き方の必要性を強く感じ、個人を対象にした働き方の見直しについて勉強会を複数回開催。その中でテレワークという働き方を知るようになります。

 

私は九州の熊本で生まれ育ち、地元で働きたかったものの転職を機に北九州へ。前回のエントリーでも書いたとおり、いずれは年老いた親の面倒を夫婦共々する必要があるため、キャリアの断絶を防ぐことができる柔軟な働き方をずっと模索していました。

 

地元に支社や工場等の勤務先がない以前の勤め先では、仕事をしながら自分が親の面倒を見るのは厳しそう。となると、場所にとらわれない働き方であるテレワークや起業がその解になるのではと考えた次第です。

 

私のように親元を離れて生活拠点を構えている方にとって、当サイトの記事が少しでもお役に立てたらと思っています。