ブログを更新した2,3分後くらいだろうか、似たような記事を書いている人はいないかなと、前日の私のエントリー名でGoogle検索をした。そしたら何と私のそれが2番めに出てきた。Yahoo検索では、トップだった。これはすごいと、自己満足。昨日のもそうだし、一昨日のそれも試みて、同様な結果だった。大げさだが、ほんの少し世の中を変えているなという感じがある。だって、私が書き込みをしなければ、検索エンジン会社のコンピュータの中にそれが入ることも、また検索をする人様の前にこんな記事が晒されることはなかったのだから・・。

それにしてもすごい。まるで、自分のパソコンのハードディスクにあるような感じだ。世界中の情報を整理し尽くすことが検索エンジンの目指している方向だとしても、こんなに早く情報が行き交ってしまうとは驚きである。

関連した話で、この6月26日にNHKのクローズアップ現代で、“忘れられる権利”というのをやっていた。内容は、私達は過去の誤ち等を忘れられる権利があるというようなことで、Google社が訴えられたというような話だった。実際、ブログでへまなことを発信したら、取り消せないということだ。実際、私もちょっとした勘違いで、名称を間違えて記したものが、数週間経ってもまだ古いままで残っている。おかしいなと思い、翌日には修正したのだが、今でも検索すると相変わらずもとのままで残っていて恥をさらしている。既に検索用の索引を作ってしまっていて、ミスを忘れてくれないようだ。皆さん注意しましょう(笑)。

*** フリルのペチュニア 私は残しておきたいと思うのだが、花のあるうちに切り戻しをするかどうかで、いつも喧嘩になる(笑)。

f:id:Miketoy:20120807053739j:plain